衣替えの適切な時期はいつ?みんな間違えている!正しい衣替えのタイミング

      2016/05/10

基本的には6月1日か10月1日に行われる事が多い衣替えですがいつしても良いというわけではありません。

効率を考えるのであれば温度によって衣替えをした方が良いんですが、日本だけはある程度する日を決めてしまっています。

会社や学校では、だいたい1~2週間ほどの期間が設けられていて「できるだけ」の所と「絶対」にしないといけない所とわかれるみたいですね。

このように、「衣替えをする日」を決めてしまうのがそもそもの間違いなんです。

ではどんな日にすれば良いのでしょうか?

そんな衣替えのベストなタイミングについてご説明したいと思います。

適正気温

気温によって衣替えを行うのがベストです。

最高気温が21度から23度が長袖から半袖に切り替わるタイミング。

5月に入ったら昼間は暑く感じるようになりますが、夜中は冷える日がたまにあります。

また6月の梅雨時期には体感的にもっと寒く感じる日もあり、長袖を着る人も増え始めます。

6月に薄着をしすぎると体調を崩す原因になってしまうので、本格的な衣替えは6月を過ぎてから気温を見てするようにしましょう。

半袖から長袖に代わるタイミングは、だいたい16度~21度くらい。

このくらいの気温になる時に、セーターや少し温かい服装が必要。

そして16度以下になってきたら冬服にした方が良い気温です。

自分は寒がりで、暑いのが好きな方なので適正気温を上記のように設定しています。

暑がりの人はもう少し適正気温を下げて衣替えを行うようにして下さい。

TPOに合わせた衣替え

衣替えを行う時に気を付ける点は、「いつ出かけるか?」「どこに出掛けるか?」「どんな行動をするか?」

例えば、早朝活動する事が多い人は、気温が低いので日中活動する人に比べて厚着をした方が良いですよね?

外回りの仕事をしている人は衣替えのタイミングは少し早い方が良いと思います。

逆にオフィスワークが中心で家から会社までの往復くらいしか移動がないのであれば、衣替えは遅めでも良い気がします。

また、海辺や山中は気温が低いので、そういった場所に出掛ける事が多いのであれば早いタイミングで衣替えをした方が安心ですね。

また自分は寒がりなので、できるだけ厚着をするようにしています。

暑いと思ったら脱げるような上着を着て温度調整できるようにしています。

このように暑がりか寒がりかによっても衣替えのタイミングを考えるようにしましょう。

衣替え年間スケジュール

一度にすべてやろうとすると大変で効率も悪い事が多いんですよ。

そこで効率の良い衣替えのスケジュールをご紹介します。

4月までにする衣替え

3月は年間で一番風が強い月なので、気温は高くなってきても体感温度はずっと低く感じます。

あまり着ないダウンやセーターをクリーニングに出すようにして良く着る冬服はしまわないようにして下さい。

3月はずっと冬服で過ごす人もいますが、急に気温が高くなる日がやってきます。

気温が高くても低くてもどちらも対応できるようにしておくのと、クリーニングに出したりクローゼットの掃除をしておいて衣替えの準備を整えましょう。

5月までにする衣替え

冬服を少しずつに片付けるタイミングです。

3月に着ていたアウター類もこのタイミングでクリーニングに出します。

気を付ける点は、6月に少し肌寒く感じた日に羽織る服を出しておく事。

日に日に気温が上がるので、「長袖のシャツとかいらないな」って思いがちですが、6月にまた使うので片付けしまわないように。

6月までにする衣替え

天気の良い日に布団をほしたり、冬服の洗濯をするようにしましょう。

梅雨に入るまでに洗濯を終わらせるのがポイント。

そして残った冬物を一気に片付けるようにしましょう。

4月、5月と少しずつ準備をして片付けておけばこのタイミングでかなり楽に衣替えができるハズ。

10月までにする衣替え

このあたりで夏物のハーフパンツ、タンクトップなどを洗濯し片付けるようにしましょう。

秋も着る事が予想される半袖などは残しておくように。

6月と同様に長袖の羽織る服は出しておくと、急に肌寒くなった時に便利ですよ。

11月までにする衣替え

お洒落で重ね着するための夏物のインナー以外はすべて片付けてOK。

それと同時に冬物のアウターを出し始めます。

10月に使っていた、軽めのアウターも片付けて良い季節かと思います。

このあたりで冬用のふとんに切り替えましょう。

こういった感じで少しずつ衣替えを行えば大変な思いをせずスムーズに片付けられます。

 - 年間行事, 衣替え

TOP PAGE