名古屋の花見デートおすすめ7選と成功に導く行動や持ち物など

      2018/04/09

寒い冬が終わり温かくなってくると人の気持ちもゆるんできます。

ましてや3、4月というのは新しい年度も始まったばかりで環境も不安定になりがちです。

だからこそ新たな出会いやこれからの恋を想像するものです。

今回は花見デートでの行動やベストな服装をご紹介します。

あと個人的におすすめな名古屋でのお花見デートスポットもご紹介しますのでお花見デートを考えている人は参考にご覧ください。

スマートで上手な花見デートの誘い方

まず大前提ですがそもそもデートに誘えないと意味がありません。

いくら春先で気分が乗りやすいといっても上手に誘えないと断られてしまいます。

彼氏、彼女の関係であれば比較的に誘いやすいと思いますが、今から口説こうと考えている意中の相手を一対一のお花見デートに誘うのは至難。

関係性がそこまで深くないのであればまずは複数人でのお花見デートを誘ってみましょう。

会社や学校など複数人で誘えばOKしてくれる可能性がグッと上がります。

狙っている相手と仲の良い人達から誘ってみるのも◎

後は周りの協力を得るために、信頼できる人に狙っている事を話して協力してもらいましょう!

お花見デートのメリット

立地を選びやすい

お花見スポットは全国どこにでもあるため、近場の公園から遠くの絶景が見れるポイントまで選びやすい点が魅力です。

そこまで遠くに行けるような間柄でなければ気軽にフラッと近くの公園とかでちょっと一杯どお?という感じで誘いやすいかもしれませんね。

本格的に花見をしたいならそれ用の場所をチョイスすればOKなので誘う相手の気持ちや関係性について検討しつつ探りを入れつつ誘ってみて下さい。

お金や手間がかからない

遊園地などのテーマパークデートやディナーなどのデートプランよりもお金がかからない事が魅力の一つ。

お酒は現地調達でもOKだし、食べ物はスーパーやコンビニで買えば手間いらず。

とはいえ、ちょっとお弁当とかだと味気ないなと思う人は頑張ってお弁当を作ってアピールするのもアリでしょう。

キレイな桜であなたの魅力度UP

人はキレイな景色の中では目に入る他のものも良く見えてしまいます。

こういった心理効果をハロー効果といい、営業活動や企業PRに応用されています。

特に桜がきらいな日本人はほとんどいないという所もグッドポイントですね。

お米と同様に嫌いという人はあまり聞いた事がありません。

このように日本人なら昔から無条件で受け入れられている物とのハロー効果は絶大です。
心理的により良いイメージを与えやすいんですね。

ハロー効果の補足ですがすごく可愛い女優が出ているCMの商品は無条件で良い物と思ってしまう傾向があります。

美男、美女はなんとなく性格が良さそうと思われがちなのもハロー効果の影響です。

また自然の中だと人はより開放的な気持ちになりやすいため、口説く場所としては最適でしょう。

気を付けるべきポイントとしては意中の相手も魅力的に見える点です。

普段から好きな気持ちがある相手に対してさらに魅力がUPするわけですからその精神的不可は尋常ではありません(笑)

異性と話したりするのが苦手な方にはおすすめできません。

お花見デートのデメリット

デート感が少ない可能性が高い

上記で上げた立地を選びやすいというメリットとは逆になるんですが、立地を選びやすいからこそデート感は損なわれます。

学校や職場近くの公園にフラッと寄ったくらいではデートとは言えません。
これはシュチュエーション的にも言える事で二人で行こうってなればOKですが、お花見は同僚や友達も含めて団体で行ってしまいがち。

複数人だと誘いやすいのは間違いありませんが、デート感というよりは「みんなで集まってお花見」という感覚の方が強いでしょう。

とはいえ、4月という時期もありあまり親密でない関係性ならこれはこれでありだと割り切って誘ってみましょう。

そこであなたの魅力をアピールできたら好きな人とお花見も出来て一石二鳥です。

雨天など悪天候のケアも

お花見をする時に天候が悪いともう最悪。

雨だけでなく3月4月というのは年中の中でも風が強い時期でもあります。

強風の結果花粉にやられて花見どころではないという事がないように天候に左右されてもリカバリーできる計画をたてましょう。

事前に花粉症かどうか確認して花粉症の人がいるならマスクや薬局で売っている薬を持って行くと気が利く感じです。

また雨天の場合はどうする事もできませんので、近隣の立ち寄れるスポットを調査しておくと◎!

お酒のトラブルには十分に注意する

お酒のトラブルはもう本当に最悪です。

男女問わずドン引きする事間違いありません。

飲み過ぎも注意しなければいけませんが、お花見をしている他の人にも注意を向けましょう。
自然の中だと開放的になりやすく羽目が外れてしまいがちです。

若いDQ集団も怖い所ですが、体感的には会社員の集団の方がバカな感じで騒いでいます。

会社の中では偉くても、外に出るとただの人。

それを理解していない社会人が多いと感じます。

大学生や若者のDQ集団は人に迷惑をかけたと理解したら謝ったり、改善しようと行動してくれるパターンが多い気がします。

若いから羽目をはずしてしまう事があっても言えば理解できるし素直な子が多い印象ですね。

若い人達よりそれなりの年のバカな社会人の方が手に負えません。

若い人は素直に聞いてくれますが、それなりの年の人相手だと聞く耳をもちません。

酔っ払いに同調してまわりも加勢にくる始末。

もう本当にいい年した大人なんだからしっかりしてくれって思いますね。

 - 地域, 年間行事, 愛知県, 花見

TOP PAGE